全ての種類で共通する着物の値段【プロが教えるその裏側】

着物の悩み
着物好き女子
着物には興味があって、たまたま入った着物屋さんで着物をすすめられたんだけど、店員さんから提示された価格、これって適正なのかなぁ。
初めて着物を買う時って、いくらぐらいのものを買えばいいのかしら?
さとし
着物の値段についてはいろんな意見がありますよね。
当然、ピンからキリまであるのも確かなのですが、ここではある一定の『条件』を満たす上での下限の値段を考えていきます。

内容に入る前に、私の自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売の仕事を16年しています
・着物店舗運営(店長歴)は11年
・現在は独立して、着物の制作にたずさわりながら、全国で着物の提案活動をしております

着物は安いだけで言ったら『100円』のものもあります。

びっくりするかもしれないですが、そんな値段で売っている店もあるんですよね。

これ以上の安さといったら、もう無料(タダ)ですよね。

高いのをいうのなら、1000万円以上の着物もあります。

これもびっくりかもしれませんが、存在するということは買う人がいるんですよね。

さとし
そんな様々な価格があるのが着物です。
この記事では初めて着物を購入する人が『参考にすべき値段』をお話しします。

まずは以下のように条件を決めます。

①絹(正絹)
②誂え(自分サイズに仕立てるオーダー)
③帯と襦袢も同様にセット
④店舗で購入

この4点を、満たした上で『初めて』着物を買う人の値段はズバリ!

さとし
15万円!!

この値段は、『振袖』であっても、『訪問着』であっても、『色無地』であっても、『小紋』であってもです。

着物にはいろんな種類がありますが、すべてこの『15万円』という値段で購入できます。

さとし
内訳は『着物6万円』『帯6万円』『襦袢2万円』『その他もろもろ1万円』といったところです。

このことを結論として深掘りしていきます。

全ての種類で共通する着物の値段【プロが教えるその裏側】

全ての種類で共通する着物の値段【プロが教える裏側】

着物の一式の値段を15万円と言いました。

これは先程挙げた4条件を満たすことでの値段です。

4条件のおさらいです。

①絹(正絹)
②誂え(自分サイズに仕立てるオーダー)
③帯と襦袢も同様にセット
④店舗で購入
さとし
この4条件の項目内容を変えていくことで、さらに値段を安くすることも、逆に高くすることもできるのです。

着物の値段をさらに安くする

着物好き女子
もっと安くできるなら、それを知りたいわね。

条件①の変更【素材を変える】

①の条件、素材を絹からポリエステル(洗える着物)に変えると値段は大きく変わります。

洗える着物は冒頭にも言ったとおり、100円でも売っているところはあります。

それであれば条件②〜④を満たしていても、1万円もあれば着物を一式揃えることができます。

ただ、洗える着物は【現状の着物業界の常識】では、フォーマルの用途では提案できません。

着物業界の常識は大きく変化していっています。
洗える着物でもフォーマルに使用する時代がすぐそこにきているんですよね。

条件②の変更【既成のものを買う】

着物は既成のもの(仕立て上がっている)を買う方が安くなります。

条件④を満たそうとした場合、リサイクルで着物を取り扱っている店があります。

リサイクルで売っている着物は、新品より当然安価です。

ただ、既製の着物なので、選べる幅は少なくなります。

条件③の変更【用意できるものがないか】

例えば、帯とか襦袢を家族からもらえるとなると、価格は安くなります。

当たり前ですよね。

特に50代以上の世代は、着なかった着物を箪笥(タンス)に眠らせているケースが多々あります。

そんな着物やそれに付随するものを譲ってもらえるなら、当然値段を下げることができますよね。

特に帯の場合は、寸法(サイズ)がないので使いやすいんですよね。

条件④の変更【ネットで買う】

インターネットでも着物を買うことができます。

色んなサイトで着物が売られています。

ネットは店舗での値段より安いことが多くあります。

これはどんな商品でも一緒ですよね。

『15万円』より高い着物をすすめられた場合

ある人から言わせれば、『そんなに安い着物は着物でない』だそうです。

でも値段はどうあれ着物は着物です。

今の時代は、値段でその商品の『品質』が大きく変わるなんてことはありません。

例えば、ラーメン屋さんでも安くて美味い店はたくさんあります。

さとし
この記事での結論は『4条件を満たす着物購入の相場は15万円』ということです。
それ以上の値段を提案されている時、あなたは何を考慮すればいいのか…
それを考えていきましょう。

品質に大きな差がある

着物は『伝統工芸的な技術』が使われていることがあります。

そういう着物であれば、やはり値段は上がります。

着物好きマダム
そこに共感して納得ができるなら値段は上げてもいいのよね。

それは、着物を着る喜びにつながります。

①いい着物を着ているという優越感
②伝統工芸品をまとうことによる産地への貢献
③自分自身への納得

衣類というのは、機能的以外にもこういう要素が多分に含まれているものなんです。

サービスに魅力がある

着物は『売っておしまい』という業態ではありません。

サポートなしで着物を始める人は、着物を着ることもできないですよね。

今の着物屋は、『サービスの充実』を行っています。

着物好き女子
確かに、サービスが充実してるなら、ある程度の値段は納得できるわね。

人(店)との関係性を築けるか

先ほどのサービスとの関連ですが、それを届ける人(店)と関係性を築けるのか(築いていいのか)も『値段を決める要素』として重要視すべきです。

『誰が』って大事ではないですか?

①親身になってくれる
②フィーリングがあう
③センスがある(コーディネートなどで)
着物好きマダム
センスのいい人や、親身になってくれる人からモノを買いたいと思うのも当たり前だわ!

人との出会いは『あなたの着物ライフ』の充実感は格段に上がるんです。

これってすごく大事です。

まとめ

再度申し上げます。

さとし
着物は『15万円』でひととおり揃えることができます。
値段だけを考えれば、もっと安くも高くすることもできます。
の基準の上で、着物を始めたい時の値段を最終的に決めるのは買う人なんです。
基準値をわかった上で、値段に納得感があれば、それは正解なんですよね。

そうして揃えた着物は、きっと大切にするはずです。

是非、納得いく形で着物を手に入れて、素敵な着物ライフを楽しんでください。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y