着物の種類の名前【わかりやすく一覧で表示】

着物の知識
着物好き女子
着物の種類って難しい名前が多くて読めないことが多いんですよね…
さとし
ということで今回は、『どうしても思い出せない着物の種類の名前が出てきたときに見ていただく記事』を作りました。

本編に行く前に、少しだけ自己紹介を…

さとし
私、さとし。
・着物の営業・販売16年
・店舗運営11年(店長歴)
・現在は独立し、着物の制作にたずさわっています

この記事は着物の名前を、パッと見分けて思い出すことを主眼に作っています。

目次を見たら全てがわかるような仕様になっています。

着物の種類の名前【わかりやすく一覧で表示】

着物の種類の名前【わかりやすく一覧で表示】

軽めの補足をそれぞれにいれていきます。

黒紋付(くろもんつき)

男女共に第一礼装。

喪服(もふく)

女性の『黒紋付』は、不祝儀(お葬式やお通夜など)で着る事が多いので、よくこう表現される。

留袖(とめそで)

既婚女性の第一礼装。

裾に柄と、5つの家紋が入る。

黒留袖(くろとめそで)

留袖の中では最上格。

読んで字のごとく色が『黒』。

色留袖(いろとめそで)

黒留袖以外の留袖の色。

黒留袖よりは一格下。

振袖(ふりそで)

未婚女性の第一礼装。

訪問着(ほうもんぎ)

略礼装。

絵羽状に柄付けされている。

付下(つけさげ)

略礼装。

訪問着より柄付けがあっさり。

色無地(いろむじ)

柄がない無地の着物。

無地小紋(むじこもん)

地柄に印象を持たせた無地のカジュアルテイスト着物。

小紋(こもん)

全体柄のお出かけ着。

紬(つむぎ)

先染めの糸を使った、普段着。

浴衣(ゆかた)

主に素材は『綿』『麻』の湯上がり着。

夏着物(なつきもの)

以下で夏着物の素材の名前を紹介。

絽(ろ)

夏着物の王道。

横に規則正しく隙間があいている。

紗(しゃ)

全体的に隙間があいている。

羅(ら)

絽や紗より目が荒い。

帯の種類の名前【一覧で表示】

帯の種類の名前【わかりやすく一覧で表示】

帯の種類の名前もまとめています。

丸帯(まるおび)

最上格の帯。

現代ではあまり使われない。

袋帯(ふくろおび)

丸帯を簡略化した帯。

現代の主流。

名古屋帯(なごやおび)

お太鼓が一重になる、主にカジュアルの帯。

半幅帯(はんはばおび)

袋帯の半分の幅の帯。

主にカジュアル用途。

その他

着物の難しい言葉を覚えてもっと着物を楽しんでみてください。

 

では、よき『きもの』ライフを(^^)y